モビット

モビットを選んだ理由

私がモビットを選んだのは、CMで長い間露出されていたということで安心感があったからです。いわゆる消費者金融はちょっと怖いですし、かといって銀行は敷居が高そうなので尻込みしてしまいます。

 

またパートタイマーの私でも定期的に収入があったので審査してくれたので助かりました。電子明細は旦那に内緒で借りている私にはピッタリです。

 

急ぎの場合でもネットで申込み完了後に来る返信メールに書かれたフリーコールに電話するとすぐに審査してくれるので、平日14:50までに審査・本人確認・契約・振込手続完了すれば即日融資が可能です。(審査結果により不可の場合有)


↓↓↓私がモビットを申し込んだのはこちらから↓↓↓

 

年利 利用限度額

4.8〜18.0%

最大500万円

モビットが選ばれる理由

パート・アルバイトでも申し込みが出来る

本当にお金を借りたいのは社会弱者であるパート・アルバイトの方ですよね。私も毎月のやりくりに苦労してカードローンお世話になることがあります。そんなパート・アルバイトでも定期的収入があれば審査してくれるのがモビット。他にもパート・アルバイトでも定期的収入があれば審査してくれるカードローンがあります。

私は手軽なインターネット申し込みで

電話やらローン申込機やらいろいろな申込方法があったみたいなのですが、私は気軽にインターネットで申込みました。

 

まずはインターネットで申込みをします。

 

メールか電話で審査結果が通知されるのですが、私は電話でした。

 

これでもう電話で振込をしてもらうこともできたのですが、今すぐ必要ということではなかったのでのんびりカードが送られてくるのを待つことにしました。

 

契約したその場で振込んでもらえるというのは、すぐにお金が必要という方にも便利ですよね。

 

モビットの金利

モビットの金利は実質年利で4.8%〜18.0%になっています。借入限度額や利用者の信用によってこの金利は変わります。

利息の算出方法

借入残高×実質年率÷365日×返済日までの利用日数で求められます。※ うるう年の場合は年366日の日割り計算

 

実質年率18.0%で10万円を30日間利用した場合の利息は、1,479円

 

↓↓↓私がモビットを申し込んだのはこちらから↓↓↓

モビットの基本情報

モビットの借入条件

実質年率 4.8〜18.0%
利用限度額 最大500万円
申込資格 満年齢20才〜65才の安定した収入のある方(モビット基準を満たす方。アルバイト、パート、自営業の方も利用可能。)
必要書類 運転免許証・健康保険証等の写し、現在の収入を証明する源泉徴収票等の写し
融資方法 銀行ATM、コンビニの提携ATM、銀行口座への振込
返済方法 借入後残高スライド元利定額返済方式
返済方法 銀行ATM、コンビニの提携ATM、銀行振込、口座振替
無利息期間 なし

モビットの会社情報

商号 株式会社モビット(英名 Mobit Co.,LTD)
本社所在地 〒163-0810 東京都新宿区西新宿2丁目4番1号 新宿NSビル10階
 

金利の計算方法は、他の金融業者と同じで、借入残高×実質年率÷365×利用日数で一日あたりの利息が算出できます。

 

金利については他の消費者金融業者と同じく、一定の率ではなく幅を持たせた金利設定になっています。初めてモビットでカードローンを利用する人の場合は、まだモビットとの間に信用という意味での実績が積み上がっていませんので、18.0%の率が適用される場合がほとんどです。

 

なお、適用される金利については借入する際の利用額によっても異なります。モビットのカードローンでは、利用限度額が最高500万円までとなっていますが、限度額の500万を借り入れた場合には低い金利が適用される可能性があります。

 

もちろん、モビットを初めて利用する場合にいきなり最高限度額の500万が利用できるかどうかという点については全く別の話です。住宅ローンを除いて他の金融機関から融資を受けていないこと、世帯年収が高いこと、毎月安定した収入があることなどが、高額融資を受けるための前提条件となります。

 

当然ながら10万円の融資を申し込む場合と500万円の融資を申し込む場合とでは、審査の内容も質も大きく異なります。しかも初めての利用でいきなり500万円のローンを申し込むわけですから、よほどのことがない限り利用できるとは限らないでしょう。

 

なお、金利については借入残高に加えて、たとえば順調な返済などモビットに対する実績を作ることも関係してきます。信用のおける顧客であれば、金利を下げるといったサービスが適用できますといったところでしょうか。

 

モビットは安心して申込める消費者金融業者といえます。その分、低金利でのカードローンの利用が可能となっていると考えることもできます。

 

アコムマスターカードはCMでなじみの深いキャッシングのクレジットカードですから人気があります。消費者金融では借り入れ金額も最大500万円と高額なカードローンです。

 

アコムなどのほかの銀行系でも実施しているサービスの電子明細もモビットでは実施しているので家族に借金をしているのもばれずに借り入れできます。